時代の好機をつかむビジネスとは?

初期投資費用は比較的安価!
マンション経営などに比べ、大幅に初期投資費用を抑えることができます。
複合店としても効果大!
現在経営されている店舗との複合化で、相乗効果が狙える事業。
特別な資格は必要なし!(※平成30年1月現在)
特別な知識も資格も必要としませんので、すぐに始められます。
初めて起業、独立開業する方にも最適なビジネスです。
投資効率が良い!
物品販売のような商品の仕入れや在庫がなく、不良在庫などのリスクがありません。粗利率も約70%と極めて高い!
人手不足の悩み0
現在、人手不足は深刻な社会現象の一つですが、この事業は基本的に無人経営。人手不足の悩みは、ほぼゼロと言えます。
売り上げの回収リスクほぼ0
前金のため、売掛金は発生しない確実な現金収入。
防犯設備の普及で盗難リスクも大きく減少しました。
ランニングコストが低い!
毎月の必要経費は電気・ガス・水道などの光熱費。
後は洗剤などの限られた仕入れのみ。
市場は大幅拡大中!
利用率はまだ約6%。働く女性や主婦層が売り上げの7割を占める店舗も急増中!超高齢化社会、女性活躍社会において、拡大が見込めます。

その答えは、コインランドリー事業

その答えは、コインランドリー事業

コインランドリー店舗数は毎年増加しています。

厚生労働省が行った調査では年々コインランドリー営業施設が増加傾向にあります。近年では比較的広い駐車場が設置された郊外型店舗も増えました。以前よりも利用しやすい環境に加え、主婦層が毛布や布団などの大物などを洗うために利用者が増加しています。

※出典:厚生労働省コインオペレーションクリーニング営業施設に関する調査

コインランドリー市場はこれからも成長し続けます。

日本の洗濯労働市場は約5.2兆円と推測され、その中でもコインランドリーは全体の約2%、約1,000億円規模の市場です。今後の需要増加が見込まれており、ますますの市場拡大が期待されています。

日本の洗濯労働市場 約5.2兆円
コインランドリー 約1,000億円 2%
クリーニング 約4,000億円 8%
家庭内無償労働洗濯 約4.7兆円 90%